トップページ持ち味カード&ビジネスマナーカード

持ち味カード&ビジネスマナーカード

経営者・人材育成ご担当者様におすすめの人材育成用セミナーツールのご案内

社員育成・人材育成ツールの決定版「持ち味カード」「ビジネスマナーカード」を活用して、研修をされてみませんか?

弊社がこれまでに培った豊富なノウハウを活かし、社員の教育や育成にお役立ちいただける便利なツール「持ち味カード」「ビジネスマナーカード」をご用意いたしております。
現状の問題点や課題、今後の取り組みのポイントなど、より良い人材を育む為の画期的なアイデアが満載!

セミナーでご活用いただく事により、より効果的で的確な診断・分析を行うことができます。
是非お試しください。

持ち味カード

持ち味カードとは?

弊社が人事労務コンサルティングで培ったノウハウを活かし、現代のビジネスパーソンに必要な要素(スキル、思考・行動特性)を70枚のカードに厳選・体系化したものです。各々のカードにはビジネスシーンにおける具体的な行動事例が豊富に記載されています。

「具体化・見える化」で、明確な行動の指針を導き出します

「持ち味カード」は、ビジネスパーソンに必要な要素を、70枚のカード(キャリア・ジョブ・マネジメントの3分類)に凝縮しています。各々のカードには、ビジネスシーンにおける具体的な行動事例が豊富に掲載され、キャリア目標を達成するための具体的なツールとなります。カードを選ぶことで、あなたの「持ち味」が分かり、行動を積み重ねることで「持ち味」が磨かれ、社会が必要とする輝く人材になることができます。また、「持ち味カード」のもうひとつのメリットは、カードを目に見えるところに貼り付けること(「目に見える化」)により、常に自己啓発意欲を継続させることができることです。

「持ち味カード」の活用場面

企業・社会人を対象範囲とした持ち味カードの活用場面は、大きく分けて、「アセスメント・評価」「人材育成」「組織活性化」の3つがあります。

人材を見える化し、意思決定の判断材料としてアセスメント・評価。能力・キャリア開発の教育ツールとして人材育成。組織の共通言語、コミュニケーションツールとして組織活性化。

  • 人材採用

    欲しい人材像とその要件が明確になり、社内で統一された具体的な採用基準をつくることができる。

  • 人材配置

    適材適所の人材配置が行え、従業員がやりがいを持ってイキイキと働き、個人・組織の生産性が向上する。

  • 人事評価

    低コストでスピーディに評価基準を作成でき、また従業員の強い支持・理解を得ることができる。

  • 教育研修

    上司の指導方法が標準化され、“見える化効果”によって、部下の意識づけ、継続的な取り組みを促進できる。

  • 自己啓発

    欲しい人材像とその要件が明確になり、社内で統一された具体的な採用基準をつくることができる。

  • 行動基準づくリ

    メンバーのベクトルを一致させることができ、ノウハウが共有されて全体のレペル底上げにつながる。

  • 経営理念浸透

    経営理念を仕事に活かし体現する、社内の模範となる人材が増え、次第に末端まで浸透させることができる。

  • チームワーク強化

    メンバー間の信頼やチームヘの安心感が生まれ、お互いの持ち味を活かしあう生産性の高いテームができる。

  • 職場風土改善

    お互いを認め合う風土が形成され、コミュニケーション活性化や人間関係の改善につながる。

ビジネスマナーカード

社員のビジネスマナーはしっかりできていますか?
是非ビジネスマナーのチェックをおすすめします。

ピジネスマナーの出来・不出来は、即会社(経営者)の評価につながり、取引にも影響してしまいます。ほんのちよっとした社員の好ましくない対応が命取りです。経営者の皆様は、個々の社員にビジネスマナー研修に行かせても、会社として本当にビジネスマナーができているかどうか、実践されているか確認・検証したことはありますか?弊社では、オリジナル開発商品である「ビジネスマナーカード」を使って、ビジネスマナー診断を実施中です。診断をすることによって、経営者として自社のビジネスマナーの出来・不出来が確実に把握でき、何から取り組めばよいのかご理解いただけます。是非ご利用くださいませ。

ビジネスマナー診断
  1. 全員もしくはサンプリング(職種別・年代別など)によるチェックを行う。
  2. ビジネスマナーの出来、不出来をカードの項目ごとに分析する。
  3. 会社全体、職種別、年代別など一番できていないビジネスマナーを抽出する。
  4. 結果を経営者の皆様・人材育成担当者にお知らせします。

「ビジネスマナーカード」とは?

カード構成と特徴

「社会人としての基本心得(3枚)」「ビジネスマナー(34枚)」「仕事の進め方(10枚)」をカード化しました。

  • 特徴1

    ビジネスにおいて重要かつ必要な「ビジネスマナー」を厳選しました。また、具体的なチェックポイントや行動例が豊富に記載されています。

  • 特徴2

    項目ごとにカード化しているため、自分が“できているマナー”と“できていないマナー”とが簡単に分類でき、効率よく習得することができます。

  • 特徴3

    力ード化によって、目に見えるところに貼り付けることができます(「目に見える化」)。
    常に意識づけができ、習得意欲が持続します。

ビジネスマナー診断の流れ

  1. 1.「自己評価」を行う

    ビジネスマナーカードを使い、社員自らビジネスマナーの自己チェックを行い、チェックシートの自己評価欄に結果を記入します。

  2. 2.「他者評価」を行う

    次に社員の上司や同僚がビジネスマナーをチェックし、チェックシートの他者評価欄に記入する。普段の仕事ぶりが分からない場合は、対象者を観察する期間を設けたうえで、チェックシートに記入する。

  3. 3. 診断結果を集計・分析

    チェックシートを回収し、当社にて診断結果を集計・分析します。

  4. 4. 診断結果のご報告

    貴社のビジネスマナーについてできているもの、できていないものを会社全体、職種別や年代別に明確にします。どのビジネスマナーから取り組めぱよいのか、優先順位づけや研修方法をご提示します。

お気軽にお問い合わせください

持ち味カード・ビジネスマナーカードへのご質問など、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ:096-211-6055(熊本オフィス)

メールでのお問い合わせ お問い合わせはこちら

持ち味カード&ビジネスマネーカード

研修・セミナー事例

研修・セミナー 主な講師のご紹介

CUBIC問題・解答用紙ダウンロードサービス

お客様の声

お問い合わせ

社会保険労務士法人ブレインスター